購入者限定!なつめチップスプレゼントキャンペーン!

オリエンタルティー

Oriental tea

薬壺の奇跡から生まれた薬膳茶。
SUO-KOKUBUNJI~結YUI~

―薬師如来様の薬壺に、中身が入っている。

そんな奇跡のような出来事に感動した、漢方薬局を起源とする和漢茶舗いくもやが、その薬壺に納められていた宝物をイメージした、オリエンタルな風味の黒豆ブレンド茶『SUO-KOKUBUNJI』をつくりました。

焙煎した黒豆に、6種のスパイスなどをブレンド。
香ばしさの中にスパイシーな風味と刺激を感じる『SUO-KOKUBUNJI』を、ぜひお楽しみください。

ORIENTAL TEA STORY

山口県防府市を代表とする史跡のひとつ、周防国分寺

奈良時代に創建された周防国分寺は、薬師如来をご本尊とし、古から民の平和と健康を祈祷するお寺として慕われてきました。

その薬師如来の左手にある薬壺(やっこ)の中に納められていた宝物をイメージして、オリエンタルな風味の黒豆ブレンド茶『SUO-KOKUBUNJI』をつくりました。

焙煎した黒豆に、6種のスパイスなどをブレンド。

香ばしさの中にスパイシーな風味と刺激を感じる『SUO-KOKUBUNJI』を、ぜひお楽しみください。

奈良時代に建立されて以降、場所も移動せずに維持されているのは大変珍しいそうで、今も当時の荘厳な趣きを感じることができます。

仁王門の両脇には見事な大木が伸び伸びと枝を伸ばしています。奥に見える金堂にご本尊や、室町時代や鎌倉時代などの貴重な仏像が多数安置されています。

関連リンク

周防国分寺HP

防府市ー周防国分寺紹介ページ

防府市観光協会ポータル たびたび防府

こだわりの厳選素材

  • rounded-full

    黒豆くろまめ

    山口県オリジナル品種の『のんたぐろ』を使用。
    下関市豊田町で丹精込めて栽培されています。他の品種に比べ香りが高く、お茶に最適です。

  • rounded-full

    黒米くろまい

    周南市にある就労継続支援施設『第三よろこび』で丁寧に生産されている黒米。
    黒い皮には、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれています。

  • rounded-full

    桂皮けいひ

    いわゆるシナモンのこと。よく紅茶などに添えられるセイロンシナモンを使用しています。香高く、甘くスパイシーな風味が特徴です。

  • rounded-full

    丁子ちょうじ

    クローブとも野ばれ、甘みを含む強い特徴的な香りがあります。料理などの食用の他、薬や魔除けとしても使用されてきました。

  • rounded-full

    黒胡椒くろこしょう

    肉料理などによく使用される黒胡椒は、かつて“香辛料の王様”と呼ばれていました。あとからくるピリッとした刺激的な辛みが、お茶のアクセントになっています。

  • rounded-full

    高麗人参こうらいにんじん

    漢方薬でも使用され「万能薬」として珍重されてきました。長い年月をかけて育つ高麗人参は甘みと苦みを併せ持つ味で、健康茶としても飲用されています。

  • rounded-full

    はと麦はとむぎ

    古くから民間薬としても使用されてきました。焙煎したものがお茶としてよく使用されています。カフェインも含まず、香ばしく飲みやすい味わいです。

LINE UP

SUO-KOKUBUNJI~結YUI~
黒豆ブレンド茶(ティーバッグ)

ティーバッグタイプなので片付けも簡単。お手軽にお楽しみいただけます。

購入はこちらから

SUO-KOKUBUNJI~結YUI~
黒豆ブレンド茶(缶タイプ)

一度にたくさん飲みたい方におすすめです。
缶タイプにはおまけでティーバッグも入っております。

購入はこちらから

RECIPE

黒豆茶をゆっくり飲みながら、疲れた体と心をリセットしてみてはいかがですか?

黒豆茶のおいしい飲み方

1.ポットに熱湯を注ぎ、あらかじめ温めておく。
2.ポットを温めておいたお湯を捨て、ポットに大さじ1杯強(約11g)分のお茶を入れる。
3.300ml程度の熱湯をポットに注ぎ、フタをして5分以上蒸らす。
4.ポットを振り、お茶を均一な状態にして注ぐ。
お好みで、1回お茶を入れた後も、お湯を注いで何回かお楽しみいただけます。

  • お茶をポットに入れる前に、袋の中身が均一になるように下の方からよく混ぜてください。
  • 使用するポットは、急須でもOKです。普段ご利用のもので構いません。
  • 缶におまけで入っているティーバッグを使用する際にもこちらの手順でご利用ください。

黒豆茶豆乳ラテ

1.お茶を下の方からよく混ぜて均等にし、大さじ1杯強(約11g)分のお茶を鍋に入れる。

  • 材料が水に浸かるくらいの小さめの手鍋を使用してください

2.100~200ml程度の水を鍋に入れて火にかける。
沸騰したら、中火~弱火で5分程度しっかりと濃い色が出るまで煮出す。

3.お湯が濃い色になったら、100~200ml程度の豆乳を加える。
沸騰する直前で火を止めて、カップに茶こしなどで漉す。

お好みで、黒砂糖などの甘みを加えてお召し上がりください。
豆乳を泡立てて加えると、より素敵な仕上がりになります。